お問い合わせ
はコチラ

講師プロフィール


松澤 勝充(マツザワ マサミツ)
株式会社Every CEO
神奈川県出身1986年生まれ。青山学院大学卒業後、2009年 (株)トライアンフへ入社。2017年までに執行役員として組織ソリューション本部、広報マーケティンググループ、自社採用責任者を兼務。面接官トレーニングDVD監修者。2018年8月よりHaas School of Business, UC Berkeleyがプログラム提供するBerkeley Haas Global Access ProgramにJoinし2019年5月修了。同年、MIT Online Executive Course “AI: Implications for Business Strategies”修了。卒業後、シリコンバレーの大手IT企業でAIプロジェクトへ従事。 2019年12月帰任し、Well-beingを高める人事コンサルティング会社、2020年4月に株式会社Everyを設立。 保有資格: ・DiSC認定トレーナー ・The Science of Happiness(UC Berkeley) ・ピープル・アナリティクス(authorized by the University of Pennsylvania) ・ポジティブ・サイコロジー・ワークショップ(Japan Positive Psychology Institute)、他

管理職向け1on1トレーニング実績(一例):

  • ITソフトウェア開発会社様(社員数1~500名)
  • 大手ホテルサービス会社様(社員数 1,000名~5,000名)
  • 食品メーカー様(社員数1~500名)

1on1導入に関するお悩み


いくら1on1という言葉が日本国内で浸透してきても、その実践と定着には様々なハードルがあります。弊社では、「1.何から手を付けるべきか、2.何を学ぶべきか、3.現場へ浸透させられるか」という多くのお客様から頂く質問に対して、きちんとした特徴をご用意しています。

1.何から手を付けるべきか?
導入をお手伝いするのは7年間、延べ1,600時間以上の1on1実践経験を持つ講師です。3つの事業部をマネジメントする立場として、1on1を導入する目的や期待される効果を理論だけでなく、理想と現実の狭間で"もがいた体験"をシェアすることによって、クライアント理想とする姿へ完全オーダーメイドで支援させて頂きます。
2.何を学ぶべきか
講師は、自ら1on1を月1回、1時間、7年間実践してきた経験(12回×7年間×1時間×20名以上)を持ち、組織を実際に成長させてきました。 また、米国カリフォルニアのビジネススクール(Haas School of Business)でHRM学び、ポジティブサイコロジー(UC Berkeley)の資格、コミュニケーションタイプ理論のDiSC認定トレーナー資格を保有しています。学術的・科学的に立証されている手法をレクチャー致します。
3.現場へ浸透させられるか?
理論を管理職に学んでいただき、実際にロールプレイングをして頂き、そのエッセンスを学んで頂く事は難しいことではありません。それ以上に、管理職が実践し、その実践を通じて「定着」させること、即ち1on1の文化づくりには、研修やワークショップ以上の根気と体力と工夫が必要です。 「1on1を通じた組織パフォーマンスを上げていく文化づくり」のために、ツールやコミュニケーションの方法まで、幅広く支援させて頂きます。

プログラム概要


組織のパフォーマンスを上げるための1on1トレーニングとは、文化構築とスキルセットの両面のアプローチが必要となります。

1on1は管理職が持つべき課題やスキルではありません。それ以上に、HRが戦略的パートナーとして、現場のコミュニケーションを支援する乃至はリーダーシップの発揮を支援する事が必要となります。

Everyの1on1トレーニングでは、3つのステップを軸としつつ、貴社のご要望に合わせてプログラムをカスタマイズいただくことが可能です。


1.目的・手段の明確化

1on1といっても様々な解釈があり、その実践方法は目的と関係者、手段によって異なります。従って、Why・Who・Howの3点を明確にしながら、1on1で実現する価値を定めていきます。

Why:なぜ1on1を行うのか、ゴールをどこに置くか
Who:誰が関与するか、上司か同僚か
How:頻度・時間・場所・ツール

2.導入・ツール整備・スキルセット

明確になった目的と手段に基づき、①現場へのコミュニケーション、②ツール作成、③スキルセットのお手伝いをいたします。
スキルセットのアジェンダイメージは以下の通りです。

1)パフォーマンスマネジメントとは
2)1on1の目的
3)具体的な手法(Positive Psychology理論、コーチング理論、DiSC理論)
4)ロールプレイング

3.アフターフォロー

1on1文化の浸透には、現場社員との定期的なコミュニケーションが欠かせません。

パルスサーベイの構築、実行、データ解析から管理職間同士でのフォローアップトレーニングなど「やってみてどうだったか」を定量的定性的に把握し、「進捗を支援して組織のパフォーマンスを上げる文化づくり」を支援させて頂きます。

費用イメージ(カスタマイズ可)


<費用イメージ>

1.1on1導入コンサルティング 10万円~ ※期間・内容に準じます

2.1on1スキルセットワークショップ 40万円(6時間)

3.1on1アフターフォロー 10万円~ ※期間・内容に準じます

オプションサービス


1on1面談シート
貴社にて実際に1on1を行う際、進め方や確認すべきポイントを確認でき、かつ内容を記録することができる面談用のシートをご用意しております。
貴社向けにカスタマイズしてご納品することも可能です。
1on1ガイドライン
進捗支援マネジメントの手法として一般化しつつある「1on1」面談について、実施するうえでのポイントや進め方、具体的な質問例をまとめたマニュアルです。
御状況や目的に合わせ、カスタマイズして作成することも可能です。
コミュニケーションタイプテストDiSC
1on1の効果を最大化させるためには、互いの信頼関係が重要です。弊社のトレーニングでは、ソーシャルタイプ理論DiSCのパーソナリティ検査を使い、自らのコミュニケーションタイプを理解し自己認識並びに他者認識の向上をご支援します。
Self-Awarenessワーク
9boxを使った「強み・弱みの可視化」、並びに異文化間心理学者シャローム・シュワルツのPersonal Value Questions(価値観)を実施し、「価値観の可視化」をお手伝いします。
心理的安全性サーベイ
リーダーの他己認識は、自己認識と同様に重要です。メンバーがマネジメントやリーダーに対して何を感じているか、Harvard Business Schoolの教授であるAmy C. Edmondsonの研究結果で明らかになった心理的安全性のサーベイを利用し、どのような組織状態であるかを定量化します。
ポジティブ心理学サーベイ
現在注目を集めているPositive Psychologyで組織マネジメントに効果のあるとされているサーベイや各種ワークショップをご用意しております。 ・Happiness at Work Quiz(職場幸福度調査) ・Active Listening at Work(アクティブリスニングワーク) ・Mindfulness Practice(マインドフルネスワーク) ・Oxytocin Survey(オキシトシンサーベイ) ・Gratitude Challenge(感謝のワーク) ・Self Compassion Letter(自己への思いやりワーク)

資料DL:初めての1on1

進捗支援マネジメントの手法として一般化しつつある「1on1」面談について、実施するうえでのポイントや進め方、具体的な質問例をまとめました。

お問い合わせ

組織・人事制度全般について採用戦略・オペレーション代行についてHR Academy(人事部改革プログラム)についてHRMP講座(HRBP養成講座)について管理職研修について1on1トレーニングについて面接官トレーニングについてパフォーマンス・マネジメント・プログラムについてデザインシンキング・ワークショップについてダウンロード資料・資料セミナー・公開講座についてその他